注意点

分野によって依頼先を変える

家出人や行方不明者の人探しは、ちょっと事情が変わります。
人探しや家出の場合はガルエージェンシーがおすすめです。
浮気は調査する人の居場所がわかっているので、2,3人で気づかれないように調査対象者を尾行します。

 

これに対し、人探しは、相手がまずどこにいるかわからない状態で始まります。近くにいるとは限りません。
そのため、大事なのは、興信所の規模です。できれば全国展開しているところが良いでしょう。
ハライチほど口コミは良くないものの、探偵事務所の大手で調査人員が一番多いのはガルエージェンシーです。

 

ガルエージェンシーは調査員の人数が800名と最多です。支局数も全国一の124箇所とダントツです。以前は料金が高いと批判されていたガルですが、最近はハヤブサプランと呼ばれるお徳な料金体系を採用するなど、改善も見られます。

休みのときは要注意

長期の休みは開放的な気分になりがちで、浮気や不倫による駆け落ちのほか、子供の家出などもよくあります。
最近は、子供もスマートフォンや携帯をもって怪しいサイトを利用したりして大人とつながっていることが少なくありません。家出をされたら、心当たりのある場所を探すのが王道ですが、それでも見つからなかった場合は、早く探偵に相談した方がいいです。

 

ちなみに警察に捜索願いを出しても事件性がない限り積極的には探してはくれません。警察も暇ではありませんから、家出になんて付き合っていられないということなのでしょう。家出探しに定評があるのはやはりガルエージェンシーでしょう。テレビのCMもうっている大手の調査事務所です。個人でやっているような小さな探偵ではないので全国のネットワークを生かして人探しをしてくれます。口コミを見ても、なかなか評判がいいです。

 

ただ、人探しといっても100パーセント見つかるという保証はありません。実績はあくまで実績ですし、縁起は悪い言い方になりますが、既に死んでしまっていたりする可能性だってあります。ですが、家族が失踪したからといってあきらめることはできないでしょう。自分で行方不明の人は見つけることができない以上、探す方法を知り尽くしている探偵に相談してみましょう。